IMPLANTインプラント

IMPLANT インプラント

一生美味しいものが食べられないまま、笑えないまま過ごす人生ではなく、s皆と笑って過ごせる楽しい毎日を与えてくれるもの、それがインプラント治療です。

インプラントは無くなった歯の代わりに、顎骨にチタン製の土台を埋め、 上部に天然歯のようなきれいな歯を作っていく治療です。
インプラントは機能し始めれば、天然歯のように抜歯することができないくらい強いものです。
インプラント治療についての無料相談を、随時受け付けております。 お気軽にご相談ください。

インプラント治療のご案内

歯を失ってお悩みの方へ
人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。 そのため今までは『入れ歯』などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし『入れ歯』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法『インプラント治療』をご紹介いたします。
インプラント治療とは失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
歯を失ってしまった場合の治療法として、様々な治療法の中で機能的に最も優れていると考えられています。

インプラント治療の順序

1.カウンセリング・検査

カウンセリング・インプラント治療に必要な診査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断します。
2.治療計画

検査を行った後、結果をもとに治療計画を立てます。そして具体的な内容や治療期間をお話し、ご納得いただいた後、手術予定となります。
3.フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分インプラントの部分(=フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けていただくことができます。
4.治療期間 この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治療期間を設けます。(3~6ヶ月)
※治療期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。
5.アバットメントの連結

人口の歯の支台となるインプラントの部分(=アバットメント)をフィックスチャーに連結します。
※この時簡単な手術を行う場合もあります。
6.人口歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。 その型に従い人口の歯を作製します。 その後、アバットメントの上に人口歯を装着して完成です。
7.メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。 スタッフの指導に従い正しい歯磨きを心掛けてください。

インプラント治療を行うとこうなります

  • 歯を1本失った場合

    失った部分にインプラントを1本埋入します。 従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて 治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

  • 歯を何本か失った場合

    従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。 入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

  • 歯をすべて失った場合

    従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。 この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

他院でイプラント治療を断られた方へ

インプラント治療を考えていたのに、他院にて「骨が少ないからインプラントはできません」と「骨が原因」でインプラント治療を断念された方は諦めないでください。
当院では、骨造成・歯槽骨増大といった技術でインプラント治療が可能です。

・骨造成 骨が少ない部分に必要な骨を人工的に作る方法です。
歯を失い年月が経過するとその部分の顎の骨が徐々に減少しインプラントを植立するための骨幅や高さが不足します。
骨がなければインプラントを行う事ができません。
この不足した部分に骨を作る事が骨造成となります。
・GBR(骨誘導再生法) インプラント治療には充分な骨幅が必要です。
GBRはGuided Bone Regenerationの略で日本語では骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす治療法の一つです。

骨の表面は薄い骨膜で覆われています。この骨膜と骨の間にスペースを保っておくと、その部分に新しい骨ができるという現象が見られます。
この方法を用いて骨を増大する方法がGBR法です。
インプラントを埋め込む際に、表側の骨の量が足りない場合、メンブレンと呼ばれる特殊な膜で骨を作りたい場所を覆います。
骨をつくる場所には、人工の骨補填剤を入れておきます。そこに骨芽細胞は集まり、約4~5ヶ月で新生骨ができあがります。※個人差や症例によって期間は異なリます。
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
  • 田口歯科クリニック インプラント GBR
・サイナスリフト
(上顎洞拳上術)
インプラント治療において、特に上顎はインプラントを行う上で、骨の高さが足りない場合が多くあります。 そのような場合に、上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行いインプラント治療を可能にする方法をサイナスリフト法と言います。
サイナスリフトは、上顎洞を挙げるという意味があります。
上顎洞の側面に穴を開け上顎洞粘膜を持ち上げます。その部分に骨や人工骨を填入します。これにより、上顎臼歯部の骨の高さが増大し、十分な長さのインプラントを埋入する事ができます。
サイナスリフト法には移植骨の生着(約6ヵ月間放置し造骨を待ちます。)を待って二次的にインプラント埋入を行う方法と、骨移植と同時にフィクスチャーを埋入する方法とがあります。
※骨移植と同時にインプラントを埋入する方法は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って患者の負担が少ないという利点があります。
増骨が終了した後、インプラントを埋入する方法は、より高いインプラント治療の成功率を得ることができます。
当院では、患者様とカウンセリングを行ない治療を進めてまいります。
  • サイナスリフト 上顎洞拳上術 田口歯科クリニック インプラント
  • サイナスリフト 上顎洞拳上術 田口歯科クリニック インプラント
  • サイナスリフト 上顎洞拳上術 田口歯科クリニック インプラント
  • サイナスリフト 上顎洞拳上術 田口歯科クリニック インプラント

ABOUT

〒700-0014 岡山県岡山市北区津倉町1-4-7
TEL:086-214-3393
お問い合わせはお気軽にお電話ください 駐車場  有

診療時間

9:00~12:30

×

×

14:30~18:30

×

×

※土曜日午後PM14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日(祝日のある週の木曜は診療日)